古町歴史パネル写真館

全20件中 1〜8件を表示

  • 8.明治・大正・昭和

    明治の新潟町 「新潟警察署所轄全図」明治19年(1886)7月に「地方官官制」が公布されたのに伴い、府県内の各郡区に1つの警察署を置く一群一署の制度が導入され、当時の新潟区を所轄するために新潟警察署が設置されました。「新 […]

  • 7.開港5港

    <「新潟湊之真景」安政6年(1859)/新潟市歴史博物館蔵> 新潟開港新潟は開港5港となりましたが、神奈川(横浜)、箱館(函館)、長崎は安政6年(1859)に、兵庫(神戸)も慶応3年(1867)に開港するなか、新潟は明治 […]

  • 6.江戸後期の新潟町

    <「新潟町絵図(堀と通りで区画された新潟町)」文政6年(1823)/新潟市歴史博物館蔵> 「新潟絵図」は、文政6年(1823)8月に新潟町を描いた絵図で、役所、通、小路や神社などが記されているほか、幕府回米に関る施設が描 […]

  • 5.みなとのカタチ

    <「四度目沼垂町割王瀬山崩西川会河新潟川端堀口両湊絵図(1672年頃) 沼垂定住三百年記念誌「ぬったり」付録 転載/新潟市歴史博物館」> 信濃川と阿賀野川の流路変化江戸時代の新潟と沼垂は、信濃川・阿賀野川の流路変化によっ […]

  • 4.日本海有数の賑わい交流拠点への発展

    信濃川・阿賀野川水系の発展 新田村の成立現在の新潟市域の村は、江戸時代にできたものが多くあり、江戸時代以前に人々が住んだ場所には、海岸砂丘と河川の自然堤防が多くありました。亀田郷では古い村は阿賀野川と小阿賀野川沿いに多く […]

  • 3.明暦以降の新潟町

    <日本海と信濃川に囲まれた新潟町> 蔵宿の町 新潟明暦以前、新潟町を領地に持つ長岡藩は、初め新潟町に3棟の蔵を置いて蔵所にしていましたが、後に関屋村に移しました。中越・下越の幕府代官所や村上藩、村松藩、旗本陣屋は、新潟町 […]

  • 2.古町誕生と『明暦のまちづくり』

    <明暦の新潟町復元想像俯瞰図> 明暦元年(1655)の新潟町の復元明暦地子帳に、堀・通・小路は、方原川(東堀)、寺町川(西堀)、白山堀(一番堀)、新津屋小路堀(二番堀)、広小路堀(四番堀)、御祭堀(五番堀)が記載されてい […]

  • 14.堀の記憶 昭和初期~中期

    堀と新潟美人  いうまでもなく「新潟市(町)」は江戸時代より日本海海運、信濃川・阿賀野川水運により栄えた「みなとまち」です。明治以降、鉄道やモータリゼーションが街の発展に寄与するなか、「堀」はその重要度が下がっていき、昭 […]

全20件中 1〜8件を表示